Code for Toyama Cityは、富山市民が持つ課題を、テクノロジーを使って解決を目指す団体です。

Code for Toyama Cityでは, 一緒に活動してくださる市民の方を探しています。活動にご興味のある方は, お気軽に問い合わせフォームや電子メール(codefortoyama@gmail.com)までご連絡ください。

 

最新情報は、FacebookやTwitterで配信しています。是非、「いいね」&「フォロー」をお願いします。

https://www.facebook.com/codefortoyama

@codefortoyama

トピックス

Code for Toyama Cityは、Code for Nanto, Code for Takaokaと共に、地図などの空間情報と公共データなどを活用して地域課題の解決に取り組む「アーバンデータチャレンジ 2017」の活動拠点として, 昨年に引き続き, 取り組んでいます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ブログ

アジアオープンデータハッカソン 魚津を開催しました

8/5, 6 の二日間, 日本, 台湾, 韓国, タイの4か国でのAsia Opendata Hackathonの開催に合わせ, オンライン応募を目指したハッカソンを魚津市で開催しました。主催は, 魚津市地域おこし協力隊の志村さん, 富山県Code for 連絡会で, Code for Toyama Cityは運営協力を行いました。

ハッカソンは, 東京, 大阪, 台湾、韓国と魚津の会場をオンラインで繋げ、盛大に開始しました。魚津会場では, 開催に先立ち, 魚津埋没林博物館 学芸員の打越山さんから, 魚津の蜃気楼についての基礎知識について, 講演して頂きました。

 

講演終了後は, 開発テーマの検討です。まずは, 参加者が全員で自分のアイディアを書き出します。考えたアイディアは, 参加者の前で発表し, 共感したメンバー同士でチームを作ります。

 

参加メンバーは, IT企業にお勤めの方が8名と地元にある北陸職業能力開発大学校の学生6名と先生1名, 主催者の魚津市地域おこし協力隊の志村負債を加えた15名です。

続きを読む

Code for Toyama Cityとは

平成28年1月21日(木)  富山市役所で開かれた「富山市オープンデータ活用推進プロジェクト庁内説明会」でCode for Toyama Cityの紹介をさせて頂いた時の資料です。